2015年06月08日

2015年J2第17節 熊本vs.長崎 ~次へ向かうための1ピース~

 土曜に行われた熊本との試合は10年ぶりの水前寺での直接対決。当時の熊本のチーム名はロッソ熊本。現在はクラブの代表取締役である池谷氏が監督を務め、長崎は現取締役の岩本専務が監督を務めていた。当時の主力選手だった熊本の熊谷氏も、長崎の渉もそれぞれがクラブスタッフとなっている。時の流れを感じるものだ。



 試合は0-1で敗れた。内容については他も書いているので、僕が今更書く気はない。個人的に敗れた理由は大きな理由が一つというのではなく、沢山の理由が束になって負の流れになったことが大きいと感じる。

 例えば、劣悪なピッチに慎重になりすぎたのもその一つで、選手は「シンプルにプレーしようと思った」「(ピッチの悪いところでは)ボールをあまり地面に落とさないようプレーしようと思った」・・という風に各自で考えてプレーしたのだが、それが時にプレーの制約となったり、周囲とのズレになったりした。「いつもならミスしない所でミスがあったが、自分はいつもと同じプレーをしてしまった。自分はそれをフォローするプレーを気掛けていかないといけなかった」と試合後に語った選手の言葉は・・まさにこの試合でやるべきことだったと思う。

「受け身の反対語は捨て身。ホーム未勝利の熊本は捨て身の覚悟で来る。受け身に回ったらやられるぞ」
 熊本戦で監督は選手にそう語った通りの展開となってしまった。これまでも下位に敗れた時や勝てる試合を引き分けた時にも、監督はメンタル面を指摘していた。「受けて立つつもりで戦って勝てるほどの強さにはまだ足りない」。もちろん、長崎に奢っている選手や浮かれている選手はいない。受けて立とうなんて最初から思う選手もいない。だが、経験が足りないためか時折、そういうメンタルに追い込まれてしまうことがあるのも事実だ。

 今がJ1に昇格できる強さを持ったチームであるがどうかの分岐点の一つなのだと思う。単にチーム力が高くなった、戦術が浸透してきた、選手同士の連携が向上したというだけでなく、J1という更に厳しい世界を戦えるメンタリティーが長崎にあるか?・・そこが問われているのだろう。

 ミックスゾーンには、怒りと悔しさと不甲斐なさの混ざった気持ちを、必死に整理しようという選手たちが大勢いた。
 「気迫や闘争心・・そういったものをもっと出していかないと(古部健太)」
 「チャンスは作れている。あとは何が何でもゴールを取ってやるという気持ちを1ランク上に持っていけるように・・それでも得点できないのなら、もっとチャンスを増やす。取れるまでそれを繰り返してでもやっていく(前田悠佑)」

 このメンタルについては、技術、戦術などを高めないままメンタルに全てを押し付ける安易な根性論や精神論を言っているのではない。監督や選手が求めているのはやるべきトレーニングをやって、実力をつけたからこそ、今必要なメンタルの強さだ。肉体的にも精神的にもし理論的に、実践的にしっかりとトレーニングをして、強化してきた今の長崎だからこそ、メンタルの強さが最後のパーツになれる。 

 チーム作りはジグゾーパズルのようなもので、技術、連携、戦術、体力などのピースを当てはめて絵を作っていく。今、目の前にあと1ピースで完成する絵がある。そこにはめるべき「メンタルの強さ」というピースを見つけて完成させること。それが出来た時に長崎はもう1ランク上のパズルを始めることができるのだろう。




同じカテゴリー(V・V長崎)の記事画像
デザインしてみた!~アクセス数が低い話題でも気にしません~
(前編)V・ファーレン長崎メモリアルOB戦~なぜ、ぼくはOB戦を開催しようとおもったか?~
2015年 J2第18節 長崎vs.磐田 ~~実を取るか?実はなるか?~
2015年 J2第15節 長崎vs.愛媛のこと ~逆転の底力~
2015年 J2第14節 C大阪vs.長崎のこと ~名前負けしないようにしよう~
5月頭の長崎vs.岡山・水戸・徳島戦をまとめて ~やっつけ記事とは言わないで~
同じカテゴリー(V・V長崎)の記事
 くだらないネタでも蘇ればフェニックス! (2016-03-17 00:05)
 週末のファン感とかボーリングとか (2015-12-04 22:48)
 デザインしてみた!~アクセス数が低い話題でも気にしません~ (2015-09-03 18:05)
 7・8月のことをアッサリと語る (2015-09-02 00:43)
 (後編)V・ファーレン長崎メモリアルOB戦~僕が見たかったもの~ (2015-07-08 01:24)
 (前編)V・ファーレン長崎メモリアルOB戦~なぜ、ぼくはOB戦を開催しようとおもったか?~ (2015-07-07 04:41)

Posted by 藤原 裕久(KLM)  at 22:22 │Comments(0)V・V長崎

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。