2015年05月18日

2015年 J2第14節 C大阪vs.長崎のこと ~名前負けしないようにしよう~

 日曜は朝からLCCでC大阪戦へ向かう。安さとスケジュールを優先したので神戸着だ。さすが神戸だ。大都会だ。コンクリートジャンゴォーだ。心なしか行き交う人々もハイセンスで知的に見える。目の前にいる子供すら利発そうだ・・と思ったら、「おかーさん、プリンば買うてて言いよるたい」
九州人でした。


 神戸空港でモーニングセットを食べ、(あー、前にここに来た時も同じものを食ったなー)と気付く。人の嗜好は何年たっても変わらないものだ。電車を三宮ー大阪ー天王寺ー鶴ヶ丘と乗り換えて競技場着。想像以上に暑い。


 立ち上がりは固さの見える長崎をC大阪が個人技でガンガンに攻める。分かってはいたことだけど、やはりC大阪の選手たちの力は相当に高い。決してチームとして連動性が高い訳でも、プレスが良い訳でもないのに、個で戦えてしまう。それが強みであると同時に弱みだ。最終的にこの差が勝敗を大きく分けるのだが・・。

 32分に武内のCKから黒木がヘディングを決めて長崎に先制。黒木に付いていた扇原のマークはズレやすく、1本目のCKの時もこれは狙っていた形だ。先制点をあげたことで長崎の固さが取れ、良い流れのまま前半を終了。

 C大阪はハーフタイムにFW玉田を投入。玉田が前でボールを持てることでC大阪の攻撃が徐々に活性化するが、長崎の守備は落ち着いており簡単に付け入らせない。しかし、61分にフォルランがFKを狙い済まして叩き込み同点に。以後は暑さの影響もあって、ミスが出ながらも高いにペースを頻繁に奪い合う展開が続く。

 長崎はC大阪のDFとMFの間を突いてせめるべく栄直をシャドーに投入。更に終盤に高橋を投入し高さも生かして攻める。そして最後の最後に試合を決めたのは両チームで最も身長の低い梶川。ATにゴール前に飛び出し決勝ヘディングゴール。これで長崎が2-1で勝利した。試合前の緻密なスカウティングに基づいた戦略と、しっかりと遂行して力を見せた選手の両方が噛み合った良い勝利だったと思う。

 飛行機の都合があり、試合終了一時間後に競技場を出て神戸空港へ向かう。行きは九州人を神戸人と思ってしまったので、帰りは落ち着くことを心がける。ポートライナーから窓を見たら神戸の夜景はとても綺麗だなと思った。でも(長崎の方が綺麗だな)と思いながら・・長崎着。

そんな日曜日。




同じカテゴリー(V・V長崎)の記事画像
デザインしてみた!~アクセス数が低い話題でも気にしません~
(前編)V・ファーレン長崎メモリアルOB戦~なぜ、ぼくはOB戦を開催しようとおもったか?~
2015年 J2第18節 長崎vs.磐田 ~~実を取るか?実はなるか?~
2015年J2第17節 熊本vs.長崎 ~次へ向かうための1ピース~
2015年 J2第15節 長崎vs.愛媛のこと ~逆転の底力~
5月頭の長崎vs.岡山・水戸・徳島戦をまとめて ~やっつけ記事とは言わないで~
同じカテゴリー(V・V長崎)の記事
 くだらないネタでも蘇ればフェニックス! (2016-03-17 00:05)
 週末のファン感とかボーリングとか (2015-12-04 22:48)
 デザインしてみた!~アクセス数が低い話題でも気にしません~ (2015-09-03 18:05)
 7・8月のことをアッサリと語る (2015-09-02 00:43)
 (後編)V・ファーレン長崎メモリアルOB戦~僕が見たかったもの~ (2015-07-08 01:24)
 (前編)V・ファーレン長崎メモリアルOB戦~なぜ、ぼくはOB戦を開催しようとおもったか?~ (2015-07-07 04:41)

Posted by 藤原 裕久(KLM)  at 19:34 │Comments(0)V・V長崎

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。