2014年06月15日

2014 J2第18節 長崎vs.山形のこと

 土曜の試合は色々と思う所があってJRで試合会場へ向かったり、
クラブの6月定例記者会見があったりしたのだが、その話題はまとめて後日。

 定例記者会見を終えて「ふあふあヴィヴィ君」のお披露目式を取材に行く。
造詣のクオリティが高い。これは明らかに人気になるだろう。
子供のハートを握りつぶさんばかりに鷲掴み間違いない。
個人的にはヴィヴィ君も良いが「ふあふあ原田武男」とかなら1回5,000円払っても遊びたい。
いっそ、クラブスタッフを片っ端からふあふあ化してはどうだろう?
ついでに何人かのお腹の中は黒く塗っておくなどのアメリカンジョークをかますのも悪くない。

 そんなこんなで試合。
山形はまだ調子が定まっていないが石川、宮坂、ディエゴ、中島、比嘉など、
要所に力のある選手が揃っておりチームの能力は高い。
それはこの試合でも随所に見られたが、長崎がしっかり前からプレスをかけてペースを握る。
この日は特に洸一君の良さが目立った。
試合後、洸一に話を聞くと、復帰してからの3試合で今日が一番90分動けたそうだ。

 山形はディエゴと宮坂君が抑え込まれて攻撃の形は殆ど作れなかったように見えた。
長崎の方も山形の体を張った守りで得点を奪う事が出来ずドロー。
連勝を飾る事は出来なかった。
膠着状態の多い試合でもあったが、互いにジリジリとした展開で崩れない強さを持っていた試合だとも言える。
勝点1をどう受け取るかは人それぞれ。
負けなかった粘りを見る人もいるし、勝てないもどかしさを見る人もいる。
それぞれが判断すると良い。

 でも、山形の攻撃を零封したことや攻撃の形が作れた事は事実だ。
また、深井君が公式戦でプレイ出来たのも大きい。
練習だけでは中々掴みきれない連携の呼吸などを体感したことで今後の連携は向上しやすくなる。

 今日の試合を終えて長崎の勝点は26。勝点プラスマイナス3・・つまり29と23の間に
6位から14位まで9チームがひしめいており、この団子レースは当分続くだろう。
結果に一喜一憂せず、クラブチームが街にあることに一喜一憂しながらリーグを戦って行きたいものだ。


同じカテゴリー(V・V長崎)の記事画像
デザインしてみた!~アクセス数が低い話題でも気にしません~
(前編)V・ファーレン長崎メモリアルOB戦~なぜ、ぼくはOB戦を開催しようとおもったか?~
2015年 J2第18節 長崎vs.磐田 ~~実を取るか?実はなるか?~
2015年J2第17節 熊本vs.長崎 ~次へ向かうための1ピース~
2015年 J2第15節 長崎vs.愛媛のこと ~逆転の底力~
2015年 J2第14節 C大阪vs.長崎のこと ~名前負けしないようにしよう~
同じカテゴリー(V・V長崎)の記事
 くだらないネタでも蘇ればフェニックス! (2016-03-17 00:05)
 週末のファン感とかボーリングとか (2015-12-04 22:48)
 デザインしてみた!~アクセス数が低い話題でも気にしません~ (2015-09-03 18:05)
 7・8月のことをアッサリと語る (2015-09-02 00:43)
 (後編)V・ファーレン長崎メモリアルOB戦~僕が見たかったもの~ (2015-07-08 01:24)
 (前編)V・ファーレン長崎メモリアルOB戦~なぜ、ぼくはOB戦を開催しようとおもったか?~ (2015-07-07 04:41)

Posted by 藤原 裕久(KLM)  at 00:13 │Comments(0)V・V長崎

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。