2012年08月27日

2012 長崎県選手権決勝戦のこと (前編)

週末は南米選手権、欧州選手権と共に世界三大選手権・・
と呼ばれても不思議ではない気がしないでもない長崎県選手権の決勝戦だ。
県選手権優勝者は天皇杯出場権が得られる。同じくJFL前期首位チームも天皇杯出場権が得られる。
つまり、「県選手権覇者=JFL優勝に最も近い実力=J2昇格」という図式が成り立つ!!!!
成り立つのだ!成り立つと思い込め!イメージは無限だ!

うだるような暑さの中で会場着。
2012 長崎県選手権決勝戦のこと (前編)


「鎮西学園女子サッカー部」vs「国見レディース」の女子県選手権決勝戦中。
試合は鎮西学園女子サッカー部が勝利。いつか県出身のなでしこ出るかな・・等と考える。
2012 長崎県選手権決勝戦のこと (前編)


選手のアップを見学していると、隣に支援会長崎支部長で、香焼中コーチの大山さんが!
「宅島杯どうしたんすか!?」と言うと・・勝負の世界は厳しいらしい。
頼んでいた宅島杯のパンフレットをいただく。
支援会やら色んな活動について話しながら試合観戦。
ちなみに対戦相手が2種なので給水タイムがある。
2012 長崎県選手権決勝戦のこと (前編)


んで、試合。
地力差は大きかった。それはJを目指す1種チームと2種の勝負なのだから仕方ない。
その上であえて言わせてもらうならば、この日の総附はメンタルで引いていたと思う。
2012 長崎県選手権決勝戦のこと (前編)


立ち上がり直ぐの5分に中央から松橋とのワン・ツーで抜けた前田が先制弾。
開始から力の差を感じていた所にアッサリ振り切られて先制されたせいか、
総附の子達から「勝つ」という気持ちは見え難くなったと思う。
19分までに5失点し、その傾向は益々強くなった。

今年、新人戦の頃から何度か総附の試合を見ているが、
俺が今年観た試合の中で1番、総附らしさがなかった試合だったと思う。
総附の持ち味の一つに球際の強さと粘りがある。
かつての国見もそうだが、技術やセンスを粘りや最後までやりぬくと言ったメンタルの強さで
それをカバーする・・それが、総附最大の特徴だったりする。

九州国体前直前に元V・VARENのOB加藤に
「九州国体には「鹿屋大」や「福大」といった学生も出るけど、
社会人チームから選抜されるチームとどっちが嫌?」
と聞いたら速攻で
「学生が嫌です。最後まで走ってくるから。上手い下手よりもキツイ。」と言っていた。
この日の総附はその最大の武器が見えなかった。
V・VARENが押さえ込んだと言う感じもなかった。
2012 長崎県選手権決勝戦のこと (前編)


実際、後半のDFラインの寄せの甘さなどは見ていて
「J昇格の大事な時期だから怪我させるな」とでも注意があったのかなとすら思ってしまった。
寄せが甘ければ、V・VARENの選手はテクニックやセンスを存分に発揮する。
12-0のスコアは止む無しという状態にこうして陥った。

ちょっと総附を中心に語ってみた。
・・V・VAREN側で語る続きは明日。(つづく)


同じカテゴリー(V・V長崎)の記事画像
デザインしてみた!~アクセス数が低い話題でも気にしません~
(前編)V・ファーレン長崎メモリアルOB戦~なぜ、ぼくはOB戦を開催しようとおもったか?~
2015年 J2第18節 長崎vs.磐田 ~~実を取るか?実はなるか?~
2015年J2第17節 熊本vs.長崎 ~次へ向かうための1ピース~
2015年 J2第15節 長崎vs.愛媛のこと ~逆転の底力~
2015年 J2第14節 C大阪vs.長崎のこと ~名前負けしないようにしよう~
同じカテゴリー(V・V長崎)の記事
 くだらないネタでも蘇ればフェニックス! (2016-03-17 00:05)
 週末のファン感とかボーリングとか (2015-12-04 22:48)
 デザインしてみた!~アクセス数が低い話題でも気にしません~ (2015-09-03 18:05)
 7・8月のことをアッサリと語る (2015-09-02 00:43)
 (後編)V・ファーレン長崎メモリアルOB戦~僕が見たかったもの~ (2015-07-08 01:24)
 (前編)V・ファーレン長崎メモリアルOB戦~なぜ、ぼくはOB戦を開催しようとおもったか?~ (2015-07-07 04:41)

Posted by 藤原 裕久(KLM)  at 12:57 │Comments(0)V・V長崎

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。