2010年12月22日

スパイクを脱ぐ男① 川崎元気

和樹さんはいつもグランドで試合の写真を撮っている。
プロのマスコミではないのでいつも和樹さんは遠慮がちに写真を撮る。その和樹さんから意外な話を聞いた事がある。



集合写真を撮る時・・選手達はいつもオフィシャルカメラマンの山頭さんへ目線を送る。稀に山頭さんがいない時、選手達の目線はそれぞれ別な方向になる。アウェイのマスコミ、顔見知りのカメラマン・・そん中で、必ずどの試合でも目線をサポーターの和樹さんのカメラに送る選手が2名いると言う。1人が有光亮太。



そしてもう1人が川崎元気



ベテランと呼ばれる年齢の元気だが結構露骨に顔に機嫌を出す。
意に沿わぬ途中交代や敗戦の時は顕著だ。
昔、沖縄で琉球に負けた時、途中交代に露骨に不満を現した元気と競技場の外でバッタリ出くわした。
「お疲れさん」声をかけると少しだけ頭を下げて「あぁ、どうも」。
まだ不満顔だった。
立ち去ろうとした時に元気は振り返り、「今日で何位になりました?」
多分、順位をその時に知りたかった訳じゃない。もしかしたら知っていたかもしれない。
自分が不満顔で対応した事が気になったのかもしれない。



最後の試合、スタンドから聴こえる歌はずっと耳に届いていたそうだ。
この時点で川崎元気はこの試合が自分のラストゲームになると覚悟をしていたと言う。



解雇ではない。退団ではない。
戦う気持ちも衰えてはいない。
だが家族の生活や将来を考えると引退の2文字が浮かんだと言う。



長崎でも順風満帆だった訳ではない。
監督とも衝突したし、自分の出来に我慢出来ない時もあった。



現代に求められるタイプの選手ではない。
プレーエリアも運動量も極限られている。
本来なら佐野フットボールの対極に位置するタイプだ。
それでも来期も必要な力と見込んだ。



その本質は採点では図りきれなかった。現代の基準に納まりきれないからだ。
80分消えて10分で決定的なドラマを作る。
軽いプレイでボールを奪われた5分後に信じられないロングパスを通してみせる。

(もしかするとフットボールって簡単な競技なのかもしれない)
それ位に余りにシンプルで、当然の事のようにボールは通った。
だが、現代の採点基準では滅多に5.5以上はつくタイプではない。
それでも俺は大好きだった。



80年代のフットボールが1番楽しかった時代の影を見せてくれた。
「昇格した事のなかった俺がここで昇格した」

ホームロック戦での劇的な決勝ゴールの話題をすると
「何か残せたかなって思いますよ。」



引退を決め
「もう俺は選手としては長崎に何も残せない。若い奴らがやらないとだし、やってくれますよ。あいつらが背負っていかないと。」



「この3年間、応援してもらって本当に嬉しかった。長崎ってチームに悪い感じは何もないですよ、何もない。」



何ももう残せない・・そんな言葉と裏腹に来期の長崎の為に選手に関する情報をクラブに残す。抱えきれない記憶を、俺に、俺の街に、俺のクラブに刻みつけ、川崎元気はV・VARENを、長崎の街を去り郷里で指導者になる。



個人的にある計画がある。
2年以内にV・ファーレン長崎に所属し、引退した全ての選手達を集めて引退試合を行ってやりたい。

その時に川崎元気はピッチでもう1度魔法を見せてくれるだろうか?



1



同じカテゴリー(V・V長崎)の記事画像
デザインしてみた!~アクセス数が低い話題でも気にしません~
(前編)V・ファーレン長崎メモリアルOB戦~なぜ、ぼくはOB戦を開催しようとおもったか?~
2015年 J2第18節 長崎vs.磐田 ~~実を取るか?実はなるか?~
2015年J2第17節 熊本vs.長崎 ~次へ向かうための1ピース~
2015年 J2第15節 長崎vs.愛媛のこと ~逆転の底力~
2015年 J2第14節 C大阪vs.長崎のこと ~名前負けしないようにしよう~
同じカテゴリー(V・V長崎)の記事
 くだらないネタでも蘇ればフェニックス! (2016-03-17 00:05)
 週末のファン感とかボーリングとか (2015-12-04 22:48)
 デザインしてみた!~アクセス数が低い話題でも気にしません~ (2015-09-03 18:05)
 7・8月のことをアッサリと語る (2015-09-02 00:43)
 (後編)V・ファーレン長崎メモリアルOB戦~僕が見たかったもの~ (2015-07-08 01:24)
 (前編)V・ファーレン長崎メモリアルOB戦~なぜ、ぼくはOB戦を開催しようとおもったか?~ (2015-07-07 04:41)

Posted by 藤原 裕久(KLM)  at 19:11 │Comments(3)V・V長崎

この記事へのコメント

川崎選手で一番記憶に残ってるプレーは、去年の柿泊での試合(どこが相手だったかは忘れましたが)の、終了間際でのミドルシュートですね。あれが決まって気持ちよく帰れたことが嬉しかったです。その後、アリがそのシーンを振り返って「元気さんは両足蹴れるからうらやましい。」みたいなことをブログに書いてたと記憶しています。
元気の指導者としての活躍、期待しています!大分中、頑張れ!
Posted by し at 2010年12月22日 21:33

2年以内の引退試合,そりゃあ素晴らしい。新生県総で,神様も銀行から呼んで,武男さんも呼んで,関係者総集合で見たいものです。
Posted by koh at 2010年12月22日 22:59

今までお疲れ様!この記事を読んでいて泣けてきたよ。子供の頃元気の家でスーパーマリオしていたもんな。
ここで暴露してもしょうがないけど、大分で指導者としてお互い頑張りましょう。今度ポイント取りであったときはよろしく。
Posted by 頑張れ元気 at 2011年08月04日 19:02
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。