スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局  at 

2014年08月31日

2014年 J2第29節 長崎vs.富山のこと

 日曜の富山戦は朝から晴れており、会場入りした時は既に鬼のような暑さ。風が無く大変に辛い。
この日は夏休み最終日と言う事で、宿題を片付けきれなかった子供+保護者数だけ来場者が減る(笑)。

ちなみにULTRAで太鼓を叩いているSenji君は、先週から坊主になっており、
会う人、会う人・・みんなに「何か悪い事したんですか?」と言われているが、
別に悪い事はしていないことは名誉の為に付け加えておく。
ただ、本人は
「もうメンドくさいので、そうです、悪い事しましたと言ってしまおうか・・」
と言っていた。こうして冤罪は作られていくのだろうが・・本人の意向は無視できない。
なので、是非みんなは
「Senji君は悪い事をしたので坊主になった」と思ってほしい。
本当は違うが本人の意向である以上、僕はSenji君を止める術を知らない。

まぁ、そんなこんなで・・夕方になり涼しくなる頃に試合開始。

 試合は立ち上がりから長崎がペースを握る。
富山は白崎、木本、宮吉君の3人に裏を狙わせるものの、V・VARENの前からの守備が
しっかりと機能してピンチらしいピンチを作らせずに富山が前半放ったシュートは1本のみ。
とは言え、初のセットとなる長崎の前3人も連携やパスでミスがあり中々噛み合わず、
攻めるものの前半のシュートは3本に終わる。

 後半になっても大まかな流れは変わらぬままで、長崎が攻めるも得点が生まれない。
70分過ぎからは互いの運動量が落ちてきた事でスペースが生まれる展開へ。
富山はリーグ16得点の内、13得点が後半・・特に10点が60分過ぎを占める。
スピードのある苔口君もベンチに控えており・・非常に嫌な流れだと感じたのだが・・。
長崎は交代で入った選手たちがことごとく良い働きをした。
深井君は積極的な仕掛けで流れを作り、神崎君は87分に素晴らしいクロスで先制点をアシスト。
そして、小松君は先制点に加えてATにはドリブル突破からシュートを決める。

 膠着した試合展開で交代が大きな明暗を分けたと思う。
共に攻撃の選手の投入所に関しては、試合後の会見で富山の安間監督が言う
「V・ファーレンの神崎君はその勝負所でしっかりとボールを挙げる」
「同じ時間帯に投入しても仕事をさせてあげられた方、出来なかった方の差が出た」
のコメントが端的に表していたと思う。

 こうして長崎は、天皇杯を除くと4月20日以来のホーム勝利をあげたのだが、
9月は1か月で6試合の連戦で磐田、岡山など上位との対戦もあり厳しさを増す。
ヨンジェ君もアジア競技大会に合流する為にしばらくはチームを離れる。
この9月に踏ん張りがどれだけ出来るかを・・注視したい。

 あと、最後に付け加えておくが、あくまで坊主になったのはSenji君です。
よく似ていると言われる僕が時々、勘違いされますが、俺は坊主になっていません。
逆にキャラの違いを際立たせるためにワンレングスにして、ティモテのCMみたいに
「髪、しっとりしてるのにスベスベ!」と言いたいくらいだ。
なので類似品にご注意ください・・そんな勝利の日曜日。

  

Posted by 藤原 裕久(KLM)  at 23:00Comments(0)V・V長崎