スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局  at 

2013年05月31日

2013長崎県高総体サッカー

 さて、いよいよ明日から小浜温泉ジャカランダフェスタ・・もとい、
第65回長崎県高総体サッカー競技が始まる。なので今日は高総体について書いてみる。

やはり中心となるのは新人戦王者の長崎総科大附(正式な略称だそうな)。
次いで新人戦準Vの南山、以後、海星、諌商、国見あたりが軸だろうか・・。

長崎総科大附だが、地力はやはり1番高いと思う。
今年は最上級生である3年生が例年より少なめではあるが、D
Fの松本君やらFW安藤君やらMF坂井君やら層は揃っているし、1~2年生にも面白い選手が多い。
渉イチオシの子もいるしね(笑)
あの相手がウンザリする程の走るスタイルを崩さなければ・・決定力以外では本命だろうなっと。

個人的には南山には注目をしている。
ハマればかなり強い。1年からレギュラーを張ってきた本田琢人君にとっては最終学年だし、
大久保君やら小川君やら攻撃陣に力のある選手が多い。多分、攻撃力だけなら県内ナンバーワンだろう。

これを追うのが海星、日大、諌早商業、国見・・それから島商に新人戦ベスト4の長崎北あたり。

組み合わせを見ると、長崎総科大附のブロックがキツそうだ。
順当ならば2回戦で島商とイキナリ当たるし、3回戦では瓊浦あたりと対戦。
準々決勝あたりも順当ならば日大と気の抜けないブロックだ。この連戦は結構厳しいかなと思う。
逆にこのブロックを勝ち上がって長崎総科大附が高総体を制した場合・・
2012年の新人戦優勝以来、県内タイトル独占が続く訳で、
長崎総科大附が県内サッカーの盟主と言わざるえなくなる。

また、とても楽しみなのがV・VARENのOB達が監督を務めるチームだ。
堀川監督率いる国見は2010年の選手権予選優勝以来、県内タイトルを獲得出来ていない。
覇権奪回へかなり気合をいれてきているだろう。順当ならば準々決勝で南山とぶつかる。
また、久留監督率いる創成館はかつての単なる弱小から徐々に力をつけてきている。
初戦が古豪の平戸であり、ハードルは高いが初戦突破を期待したい。

しかし・・出場選手を見ているとあらためて他県への人材流出が気にかかる。
ドリームにいた中井君は大分トリニータへ行き、
レインボーに居た石田君、諸岡君、福田君は
それぞれ東福岡、広島ユース、トリニータへ進んでいる。
他にもJFAアカデミーに行った子もいたりで・・。

それでもなお、良いサッカーを期待して高総体を見たいものだ。
  

Posted by 藤原 裕久(KLM)  at 19:26Comments(3)その他フットボール