スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局  at 

2013年05月22日

過去~現在~未来は1本につながる道

最近、V・VAREN長崎の試合で一つ感じる事がある。
出待ちをして多くのファンが選手に駆け寄る姿はとても良いものだ。
見ていて何故かこっちも嬉しくなる。
でも、その出待ちをしている選手の後を
スーツ姿のOBが重い荷物を抱えて歩いているのを誰も気づかない。
彼らは現役じゃないし、荷物を運ぶのが今の仕事である以上、それはある意味当たり前だ。

でもね、そのOBがJリーグ昇格の為にどれほど重要な土台になったのか・・
どれ程、チームの為に貢献したかを思うと、少し哀しい気分になる。

(今、あなたが応援している選手もいつか引退して必ずOBになるんですよ)

現役選手と同じに扱え等と言う気はない。
現役選手はかけがえのない“今”に貢献してくれている訳だし、
彼らが最も愛されるのは当然だ。

だが、その何分の一で良い。OBへの敬意を払ってしかるべきだと思う。
個人的には偉大なOBを語れない人の語るV・VAREN長崎論は実に薄っぺらいと思う。
逆にOBにファンが親しみと敬意を持ち続けているクラブ(当然、サポーターもクラブの一部だ。)は“真実”だと思う。

OB無くして今の選手は無し!
今の選手無くしてクラブの未来は無い!
  

Posted by 藤原 裕久(KLM)  at 18:43Comments(21)V・V長崎