スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局  at 

2012年10月28日

2012 高校選手権県予選のこと

多分、沢山の人が俺が京都に言って佐川印刷戦を見てるから
その事でも書くだろうと思ってるんだろうが・・

俺は行ってない!
ウチの仕事は土曜も仕事。
先週も休ませて貰って、「今週も休みたいのですが・・」
などと言うのは色んな物を壊してしまうNGワードなのだ。
ある意味で俺の人生が「パルス!」してしまうラピュタ的なワードなのだ。

なので黙って仕事に集中。
見てない試合を見てきたかのように語る事は出来ないので何も書く事はない。

なので日曜から始まる高校選手権の県予選の話でも・・。
今年の優勝のド本命は総附。
新人戦、高総体王者で、県1部リーグも無敗。今年は公式戦で県内無敗という無双っぷり。
鬼プレスと速攻のスタイルは徹底している。県選手権では1回戦で長大、2回戦で重工を破り旋風を起こした。
単純に言っても前川、吉岡、山口、栗原、掘、田中など力のある顔ブレが並んでいる。
普通にやってココに今年勝てる県内チームが出るかは難しいかなと。

対抗の1番手に推したいのは諌早商業と日大。
諌早商業は新人戦ベスト8、高総体準V。
チームとしてしっかりまとまっていると思う。
県1部でも好調だし、鬼塚、大場らを中心に粘りを無くさなければ怖いチームだ。

日大は新人戦準V、高総体ベスト4。
プリンスでは苦戦しているし、例年に比べるとちょっと選手が小粒かなと思うけれど
1年時から活躍してきた山本や主将の大賀など実力者を要所に揃えている。
ちょっと守備の粘りに難があるけれど、しっかりつないでいくスタイルを徹底出来れば面白いと思う。

これに次ぐのは南山、海星、国見といった感じ。
南山はとにかく攻撃陣が揃っている。本田、藤岡、大久保らは強力。
特に本田の突破は危険極まりない。ツボにはまった時は県内最強の攻撃力だろう。
問題は波があってムラッ気の強い所かなっと。
ただ1、2年生が多いので来年以降もかなり楽しみ。

海星は今年も上手くまとまっていると思う。
サイドを広く使った丁寧なスタイルは好きだ。牟田や田中など上手い選手が多い。
今年は新人戦ベスト4、高総体ベスト8。大会中にあと一歩化ければ面白い。

名門復活を期す国見は今年、新人戦、高総体ベスト8。
プリンス2部で苦戦中だがFW崎原には期待が集る。
彼が爆発すれば一気に優勝の波をつかむ可能性も。
監督が元V・VARENのOB堀川なのもあって期待したい。

あと面白いのは安定した実力の島商かなっと。
このチームは伝統的にサイドに面白い選手が毎年出てくる。
他チームが乱調になれば案外トントーンといくんじゃないだろうか?

今年の選手権の中心となるのは間違いなく総附だと思う。
総附がついに選手権に行くのか・・
どこが総附を倒すのか・・
それがこの大会の最大テーマになると思う。

じっつに楽しみだ。  

Posted by 藤原 裕久(KLM)  at 01:22Comments(0)高校・ユース

2012年10月25日

Jからの財政問題指摘について思うこと

選手権県予選ネタでも書こうと思っていたのだが、何だか騒がしいのでこの話題を。
V・ファーレン長崎 5000万円必要

KLMのBBSにも書いたが、これがまずどういう事か説明する。

J2昇格条件は大雑把に「設備とか体制」「順位」「経営状態」「集客」の4つ。
この内、長崎は「経営状態」と「順位」以外をクリアしている。

んで、この指摘であるが・・手っ取り早く言うと「赤字は1年も許さないですよ」って事。
無論、長崎もその準備は進めているのだが、問題が1つ。
原則Jチームは1月決算だ。
今年の経営状態は今年の2月1日から来年の1月31日迄の期間で決定する。
シーズンが終わるのは11月だ。
そしてJリーグも11月にJ2昇格を判断しないといけない。
今年は11月12日。あと80日残ってる時期に100%黒字の保障を出しなさいっという訳だ。

去年、町田がやはり財政改善の指摘を受けている。
その前の年は鳥取が既に県から2億もの援助を受けながら
10月に4000万の債務超過で累積分と含めて5300万の不足を指摘された。
更に前は北九州が財政改善の指摘を受けている。

ちょっとJクラブの経営の話をしよう。
親会社を持たないクラブは10億円程度が限界と言われている。
実際は7億程度がギリギリだろう。
(J1が平均30億円)J1の大半のチームの親会社が大企業なのもその証拠だ。
さて、この7億という予算・・どの程度の規模か?
全国チェーンの大型スーパーマーケット1件分の規模でしかない。
J2では実際には5億規模なので大型スーパー一軒の6割程度だ。

来期予定も開幕直前にならないと発表できず、
リーグとして事業をやりにくいJFLで親会社が存在せず、
県民所得が全国44位で
沖縄、高知、宮崎と共に最下層四天王状態の長崎をホームにして8年間。
・・破産もせず続いている事が如何に物凄いか理解してほしい。

Jクラブなんて普通に経営しちゃったら赤字なのだ。

さて、ちょっと考えてみよう。
今年、濃霧で中止となった試合。競技場の使用料は返ってくるだろうか?
昨年、震災で開幕戦が中止になった時に、開幕戦用に準備していたポスターやチラシなどは?
台風が来そうで10,000人を目指しながら観客が来るのが難しい日もあった。
君の後援会の会員期限は気付いたら切れっぱなしではないかい?

こんな中で長崎が潰れない・・
どれほどコンパクトで鬼のように切り詰めた経営をやっているか理解出来ると思う。

こんな状態の中で、決算期から80日前に「100%黒字の証拠をお出しなさい」と言われ、
ポンっと出せるんならV-istも無償で旧ユニフォーム販売を手伝ったりしていない。

最大のJ昇格時の苦労は、このシーズンが終わってない内に不確かな未来を保障しなければいけない所にある。
例えば・・今年8月の時点でJはクラブに来年のスポンサー1億円分の確保を保障する書類提出を求めている。
8月だ。JFLはまだ10節以上残っている。
来年まだJ2に上がれるかどうかの確定も、クラブライセンスすら降りていない段階で
1億分のスポンサー確保の保証を取ってこなければNGなのだ。
それが現在、問題になってないという事は
長崎の営業フロントがどんな仕事をしたか・・わかるでしょうって事。

今回、長崎が他チームと同じ事を指摘されて慌てているのは
過去2度の昇格断念のトラウマがあるからだと思う。

だが、思い出して欲しい、
今年のシーズン頭、宮田社長がスタジアム問題を「何とかなると思う」とコメントした際に
危機感が乏しいとか甘いとか指摘する声が挙がった。結果はどうだろう?
あの時点で宮田社長が本当に何も判らなかったのかどうかは知らない。
でも、あの時点で下手なコメントをすれば色々と難しい問題を起こしかねない訳で・・
出せるギリギリのコメントだったんではないかと考えられないか?
社長自身も一番の課題と口にしていた「集客」だってクリアできた。

23日に東京で行われたヒアリングの模様は冒頭の部分以外は一切公開されなかった。
22日の長崎で行われたヒアリングはマスコミの目の前で財政問題の指摘がなされた。
非公開にしようと思えば出来るのにだ。
持株会は夏頃には議論されていた。
ここ最近の支援会の議題はこの財政問題対策の「後援会会員増加」に関する議題が増えていた。

無論、楽観は出来ない。
Jリーグクラブの経営が楽でないのは前に述べた通りだ。
だが準備は進めてきたし、今も進めている。

最後に少しだけ・・。
チーム、マスコミ、ファンと言うのはいつだって同じレベルだ。
世界中見てもファンのレベルが高いのにチームのレベルが低いチームは無いし、
マスコミのレベルが高いのにファンのレベルが低いチームはない。
チーム、マスコミ、ファンはそれぞれに影響し合っているのだから当然だ。

今の長崎に危機があるとすれば、それはチームだけが招いた訳ではない。
ファンもマスコミも共に招いた危機だ。

人は夢を実現しようと思った日から重荷を背負わねばならない。

Jリーグという夢がある。
誰かが頑張ってくれると思っていないか?
フロントが頑張ってくれると思っていないか?
観客の自分らには祈るしか出来ないと思ってないか?

ならばそれは“俺たちのチーム“ではない。誰かとフロントのチームだ。

それぞれがそれぞれの立場で出来る事がある。どこにいようとだ。
何かを始めてみると言うのは案外簡単だ。でも、出来ない理由はもっと簡単に見つかる。
もし、何をすれば良いか判らないのならば、何かを始めている人に付いていって見るのも良い。
付いていって“何か違う”と思えば離れて良いし、自分で何かを始めても良い。

自分が好きな物の為には批評家にならないでほしい。

批評家になって駄目出しするより、舞台で好きな事をやっている方がきっと幸せで何倍も楽しい。

最近は色んな役職や肩書きが増えて、こういう文を書くのはあえて避けていた。
久々にちょっと書いてみた。  

Posted by 藤原 裕久(KLM)  at 16:42Comments(1)V・V長崎

2012年10月22日

2012JFL30節 SAGAWA vs 長崎 のこと

SAGAWA戦は土曜でアウェイだ。
土曜休みでない俺は仕事を真面目にこなし会社にそっと休みをお願いするしかない。
そして・・休みが貰えた!感謝しながら滋賀へ向う。

廃部報道が出たばかりのSAGAWAだがそんな空気は余り感じさせない。会場を見ると
(おぉ!長崎のユニフォームだらけだ!昇格しそうだと急に熱心なファンが増えるんだな!!)っと思ったらチョープロさんの社員旅行第一班だった。(笑)
社員旅行をV・VARENの試合と被せてくるとはセリエAのオーナーみたいで嬉しくなる。

さて、試合。立ち上がりは覇気の無かったSAGAWAを長崎が攻めまくった・・でも先制はSAGAWA。
SAGAWAのFW鳥養の速さに裏を取られ、ドリブルでペナルティエリア内に切れ込まれる。
それをマイケルがスライディングに行って倒したとされPKを取られた物。
覇気が無くともSAGAWAの攻撃。そのキレに河端もマイケルも後手に回ったんだろうな。









その後はSAGAWAが調子を上げて、SAGAWAに支配された展開で前半を終了。
後半は更に調子を上げて来たSAGAWA。
負傷交代の人選や他の交代、抗議のタイミングといったベンチワークも冴えていてた。
佐野さんも必至に打開を図ったし、長崎も次々に攻撃パターンを使って攻めたのだが・・
もう終盤のSAGAWAは手が付けられず。何度ゴールポストやバーに救われたか。









試合後、長崎の選手は倒れこんだ。
「自分らのサッカーをやれば勝てる」とは長崎の選手からよく聞く言葉だ。
確かにその通りと言って良いほど今の長崎は強い。
だが、この日の後半30分、長崎は自分らのサッカーをぶつけてもSAGAWAにやられた。
長崎が悪いのではない・・SAGAWAが強かったといわざるを得ない。






サンドニショック。
02年のワールドカップ前に日本代表がフランスに真っ向勝負を挑み大敗した試合をそう呼ぶ。
当時の日本はアジア最強で自信を持っていた。
だが試合後フランス代表の選手に「練習は終わりだ」と言われる程の差をみせつけらる。
だが、この経験が日本を更に上に押し上げた。

長崎は本当に強くなった。SAGAWAは(特に後半残り30分のSAGAWAは)凄かった。
そのSAGAWA相手にあれだけしぶとく戦えた長崎は本当に強い。
この試合で俺は長崎が優勝に値するチームだと確信した。
そして、このSAGAWAを知っている長崎は必ず、この日のSAGAWAより強くなれると思う。
V・VAREN長崎ファンとしては悔しいが、フットボールファンとしては
この日のSAGAWAを間近で見る事が出来て本当に幸せだと思った。

試合後は皆で近所の王将へ食事。
始めてJFLでSAGAWAと戦った後に皆でここに食事に来た。完敗だった。
1年後もここに食事に来た。完敗だった。
「もうSAGAWAに勝つまで王将以外に行かない」と宣言した。
1年後は勝ったので別の所に行った。
そして、俺達は最後の最後にまたSAGAWAに負けて王将に行った。
ここの味はSAGAWAの味だ。
  

Posted by 藤原 裕久(KLM)  at 17:37Comments(0)V・V長崎

2012年10月19日

SAGAWA退会報道に寄せて

週末の対戦相手SAGAWAがJFL脱退を申し入れているそうだ。
佐川の広報は「現時点で発表出来ることはない」と言ってる。
まぁ、SAGAWAが大変な状況なのは間違いない。

以前にも
リーグについてアレコレ思う
13年のJFLと40チームの浮沈~前編~
13年のJFLと40チームの浮沈~後編~

などでJFLが異常だろ・・と書いたが昨年覇者が脱退と言うのは異常を通り越している。

直近5年で
「三菱水島」「ジャフリザーブズ」「アルテ高崎」・・そして今度のSAGAWA。

リーグ脱退理由はそれぞれだが、実質日本第3のリーグでこりゃありえんわ!

日程発表や試合運営・・・リーグ運営が第一でチームの繁栄は二の次じゃ当たり前だ。
Jを目指すチームにとっては余りに経理効率の悪いリーグであり、
そうでないチームにとっては負担が大きいリーグが今のJFLなのだと思う。

このリーグ問題を持ち出すと「プロ・アマ混成が正しい姿」だとか
「Jリーグが全てじゃない」などと言われる事が多いが、
少なくとも俺は「プロ・アマ混成が間違ってる」だとか「Jリーグじゃなきゃ駄目」なぞと言っていない。
俺はより良いリーグにしようという話をしているのだ。
このリーグ問題の議論になると議論自体を嫌う風潮がある。
そんな風潮がJFLの問題点を放置しているのだと思う。

己の街に住むチームを素晴らしいチームにしようと奮闘するファンの話題はアチコチで聞く。
JリーグでなくともJFLでも地域でも県でもだ。
同じように自分らのリーグを素晴らしいリーグにしようとしなければなんだと思う。
議論だってその為の立派な第一歩だ。

俺は長崎県リーグが好きだ。
見知った友人達や「えっ!あの選手があのチームにいるの?」と思う懐かしい名前の選手が居て、
メンバーが揃わず8人で公式戦を戦おうが県リーグの成績表を見ながら
「今年はMDがなぁ・・」等と考えるのが好きだ。

俺は九州リーグが好きだ。
集中開催が好きだ。今時、引き分けもないPK戦決着のリーグが好きだ。
今でも予定があえば九州リーグは観に行くし、順位も毎回気になる。
集中開催や引き分け導入など改善しなきゃいけない点だとは思うが好きだ。

JFLが好きだ。この中途半端なポジションが好きだ。
時々、えっ!こんなスタジアムで試合やるの?っと良い意味でも悪い意味でも驚きもある。
色んなチームもある。リーグ戦らしさも良い。
でも、変えなきゃいけない事は幾らでもある。

Jを目指すチームだろうが、企業チームだろうが、学生だろうが・・
どのチームを応援しようがおもしれーっと感じられる、そしてやっていけるリーグにしていきたいものだ。  

Posted by 藤原 裕久(KLM)  at 00:26Comments(0)その他フットボール

2012年10月15日

2012JFL第29節 長崎vs藤枝のこと

週末の藤枝戦。V-istのグッズ販売やら署名ボランティアやらあるので早めに島原へむかう。
新しく完成した道路を通って行くとちょっとだけ島原市営が近い。
10時前に到着して説明大混乱の中でブースの準備をして署名のボランティアも開始。

このスタジアム署名だが、クラブから正式に
「クラブが署名活動をやるので協力して欲しい」と依頼されてやっている事であって、
俺の方から「クラブにやりましょう」と言った事はない。
現在、クラブから2つほど大事な案件で協力要請を受けて会議を行ったりしているが
そちらも署名もクラブのヤル気、必死さが足りないと強く感じている。
俺は、クラブが必死でやるという約束で協力する事を受けたのだから約束は守って欲しい。
試合後にクラブへ強く抗議した。回答を待ちたい。

さて、試合。
まぁ、一方的だった。ケルロンは典型的なムラッ気のあるブラジル人で、
それに依存する藤枝はチームとして機能しきれていなかった。
出場停止のデズモンドが居ればそれも違うのかもだけどね。









しかし・・藤枝は4-2-3-1の布陣なのに
前の西山、アラン、ケルロンあたりが好き放題に動いているから
チームの連動が出来ておらず、4-2-0-4みたいな感じで中盤がぽっかり空く。
そこを山本とオカムが好き放題に蹂躙。
特にオカムが驚くほどノッていてミドル2発叩き込むわ、アシストするわ、守備はガンガンやわ・・



今日のオカムはジェラードみたいだ。
今日はオカムの中の人がいつもと違うんじゃないのか?
オカムの中の人がいれば無敵だぁ!
佐野さんがオカムを湖に落として、精霊に正直に答えたから”良いオカム”を貰えたんじゃないか?

など、メインスタンドの話題を独占しまくっていた。






さて、試合は決定力に課題はあったがほぼ狙い通りのゲームプランを遂行できた。
今季のV・VAREN最大の武器は3年かけて佐野監督に一任した作られたチームである事だ。
シーズン終盤まで見据えてチーム作りがされている。
翔平の終盤の台頭、オカムのボランチコンバート、前田の安定、マイケルの起用法など
総力戦用にしっかり仕上げられている。この手腕はたいしたものだ。
次のSAGAWA戦へアリや前田を温存出来た点も大きいし、かなり先は明るい。






試合後の撤収をして短いながらV-istメンバーでMTG。
V・VARENOB小田幸司の実家「さぬき茶屋」へ行く。
皆でアレコレ話して解散、
その後、車一杯に積んだ荷物を倉庫に戻す。
福島家亜由美も来て、それぞれ荷物を戻し完全に解散。

こうして島原のV・VAREN長崎最終公式戦は終わる。

次の島原は・・「がまだすリーグ」だ!  

Posted by 藤原 裕久(KLM)  at 19:06Comments(0)V・V長崎

2012年10月12日

JFLの日程はJみたいに年末発表になりません

さて、JFLも残り6試合だ。
あと6試合で我が長崎が上がる気満々だ。

一方でJ2下位のチームにとって大変だろう。
特にJ2しか知らない方々はJFLの大変さが判らないかもしれない。
そこで来年降格して困らないよう、降格直後に気になるポイントを書いてみる。

JFLは開幕2週間前にならないと試合日程が発表にならない。
それでも2年位前に幾つかのチームが頑張って交渉した結果、
開幕戦と第2節までは1ヶ月ちょい前くらいに発表して良くなった。
でも残りは14日前まで出ない。
アウェイの為に飛行機の旅割?超割?そんなもんリーグは気にしません。
当然、そんな日程発表の段階でシーズンパスをクラブは売らなきゃなのだ!
買ったこっちも日程は把握していない。
リークして貰おうにもバレたら罰せられるぜ!

試合会場が「メインのみ解放」「バックスタンド芝生」なんてザラ。
バックスタンドに傾斜なんてあるスタジアムはない。
段幕張りたくても高さ1mくらいの柵で貼れない事もある。そんな時に大きい段幕はどうする?
地域リーグでは当然である・・「ペグ打ち」だ。キャンプとかで使うだろ?
バックスタンドの土にペグで段幕を打ち付けるのだ。
ちょっと遠くから見たら石仏彫ってるみたいだぞ。

あと傾斜の無さは半端ないからね。
ゴール真裏で応援なんてしてると、余りに目線が選手と同じ高さ過ぎて
単に横パスなのか斜めに出したのか区別つかず
「2次元じゃなく3次元で試合見たいね」と感想を漏らす事になっぞ。

マッチデイプログラム?3試合に1回くらいだな・・出てくるのは。
しかもA4のモノクロコピーとか当たり前だぞ。
それでもスタッフやサポーターが手作りで頑張ってんだ。

サッカー専門誌?あれが取り上げるのは都会のチームだけさ。
長崎なんて年に1回載れば騒ぎってくらいだぞ。

テレビ中継?高校サッカーの方がよく見るな・・うん。

1時間半前開門のチームもあるし、どんなアジアの辺境のピッチにも負けない
「これを芝と呼べるのか?」というピッチもある。
主審?Jの主審なんて精密機械に感じるな・・うん。

こんなJFLが君を呼んでいる!
ってJ2下位の皆さんを見たら、なんだ、俺らよりよくJFLをご存知のチームじゃないっすか?  

Posted by 藤原 裕久(KLM)  at 20:55Comments(0)その他フットボール

2012年10月09日

連休のことをダラダラと書いてみる。

週末は長崎くんちがあったり、作業があったりで結構バタバタと過ごした。

そんな中でも7日は久々に県総の補助までプリンスリーグ「日大vs筑陽」を観に行く。
ちょうど山頭さんとアレコレ報告や相談があったので電話しながら観戦。
電話を切ると・・V・VARENのOBで今もクラブスタッフとして働く竹村栄哉国体監督と遭遇。
並んで話しながら試合を見る。
最近、竹さんとはクラブの事業で一緒な事がとても多い。
原田=KING=武男もそうだけど、クラブの歴史と接する事が出来るのは幸せだなと思う。
先日、敗退した岐阜国体の話や試合内容の話をする。
今は監督としての楽しさを感じてきているそうだ。

ちなみに日大-筑陽は筑陽の圧勝。









調整中なのか日大の攻守における淡白さが気になった。
特に守備時にコーチングがないのが・・。
例年に比べて今年は小粒と評価される日大だけど山本だっているし、総合力は高いんだけどな。
それでも昔と違い今の日大は選手権に出る事じゃなく、
選手権で勝つを意識しているのだろうから県予選までに建て直してくるかな??

県総もあと一息で完成だ。




翌日は届け物をする事になったので急遽、大村まで練習を観にいく。
写真も撮ったし、見学者も多かったし、色々アイデアも浮かんだのだが・・
非常に不愉快な事があったので余り書く気にならない。

判りやすく説明すると

「貴方の手作りケーキがすっごく美味しかったからウチのホームパーティに是非来て!お願い!」
と言われて急遽、材料を揃えてケーキを作って皆でその人の家まで行ったら
家族の人に「試験前で大変だからそっとしておいて。ケーキだけ受け取ります」と言わた。

という感じ。

事情を知らないとか関係なく、何か変だろ?
正直、マジ切れしてケーキ投げつけて暴れてやろうかと思ったが、
その前後に見せた選手達のフレンドリーで丁寧な対応が素晴らしかったのでグッと堪えた。

まぁ、愛に障害はつきものだしな。  

Posted by 藤原 裕久(KLM)  at 20:17Comments(0)日記・コラム・つぶやき

2012年10月06日

地域決勝の話題とか・・

さて、V・VARENが雄雄しく首位を快走し始めたのだが、
一方でJFLを目指す戦いも各地で佳境を迎えている。

地域決勝大会の出場チームがガシガシ決まっているのだ。

北海道:ノルブリッツ北海道
東北:
関東:S.C.相模原
北信越:サウルコス福井
東海
関西:アミティエ・スポーツクラブ
中国:デッツォーラ島根E.C
四国:FC今治
九州:FC KAGOSHIMA

北海道は一時期、札大GPに盟主の座を渡していたノルブリッツが昨年に続いて連破。
東北は福島ユナイテッドとグルージャの勝者で決定。
関東では地域リーグながら準加盟クラブであり佐野裕哉擁する相模原。

北信越ではJSCを振り切ったサウルコス。
東海は週末のFC岐阜SECONDと鈴鹿ランポーレの直接対決で多分決まる。
鈴鹿には大久保や北川ら元V・VARENの選手がいるが岐阜SECONDも今年限り。
何とも心情的に苦しい。

関西、四国はアミティエと今治という予想外の好チームが出てきた。
中国は元V・VARENの隅田がいるデッツォーラ。
九州は先日ヴォルカを破って優勝したKAGOSIMA。

これに全社の上位3チームが加わり12チームで争われる。
今年の前評判はSC相模原が結構高いのだが、
このチームは結構コロっと負ける不安定さがある。

そういった中で面白いのは今治でここは元の名を
「愛媛しまなみ」と言えば判るだろうか?天皇杯で広島を破っちゃっている。
こういう勢いのチームはそのまんま自信つけてダーっといっちゃう事が多い。

去年の台風の目だった島根はエースで元V・VARENの平田、幸野屋が去り
去年ほどの力はないと思う。

九州王者のFC KAGOSHIMAの堅実な戦いは
組み合わせが死の組でなければ予選リーグは行けんじゃないかと思う。
問題はその先を突破する思い切りのある強さがあるか??
全社経由かリーグ経由でヴォルカもかなり高い確率で地域に出てくるだろうし・・
事によっては重工も出る可能性がある地域決勝。

今年は長崎市のかきどまりなので是非楽しみたい。

全国から観に来る人も柿泊まりや長崎の事なら・・俺に聞け(笑)な感じ・・。

  

Posted by 藤原 裕久(KLM)  at 01:10Comments(1)その他フットボール

2012年10月02日

Jクラブライセンス交付(条件付)によせて

9月28日、V・VAREN長崎にクラブライセンスが条件付で交付された。
42チームが申請し、カマタマーレ讃岐がライセンス取り下げ。
最終的に33のチームがJ1ライセンス。8チームがJ2ライセンスとなった。

支援会にずっと参加していた人は経過を理解しているが
去年から支援会でクラブスタッフがずっと
「あと幾つクリアしなければならない部分がって、幾つは目処がたった」
みたいな報告があっていた。
特に幾つかの基準はクリアにてこずり、中々進まなかったりした。

クラブライセンス制度の是非はともかく、これから毎年長崎はライセンスを更新していかねばならない。
そして、一刻も早くJ1ライセンスの交付を得なければならない。

断っておくが、別にJ2が10年でも20年でも正しいクラブであってくれれば俺はかまわない。
もっと言うなら、もう少し経営面も考慮してくれるリーグならJFLだって構わない。
だが、勝つ為に戦うのがプロだ。
選手もその為に全力を尽くす。
なのに、クラブがJ1ライセンスを取れなければ・・それはクラブが
「J1に行きません。J1昇格のプレーオフ順位に関わる上位なんて狙ってません」と宣言するようなものだ。

別にJ1に行きたい訳でもないし、色んな体制を考えればJ2でもっと力を磨いて行くべきと思うが
J1への道を閉じておくべきではない。
その道を通る通らないは関係なく”可能性”をゼロにしちゃ駄目って事だ。
可能性が0%より0.000000000000000000000000000001%でも希望があれば人は頑張れる。

可能性ゼロの中で戦い続けるのがどれだけ空しく、ツラいかは
2009年、2010年、2011年と3年も可能性ゼロの中で戦った身なら嫌と言うほど判るだろう。
あんな想いをもう誰にもさせちゃいけない。

クラブライセンスは交付された。しかし、まだまだ長崎はやっていかねばならない事もある。

俺は今、色んな活動や企画に関わっている。
毎日一杯一杯の日々だが、自分の街にフットボールクラブがある事が本当に嬉しいし、毎日が楽しい。
スタジアムで俺は最高に幸せを感じている。

だからこそ、クラブが50年、100年続いて行くように、
もっともっと楽しめるように
色んな問題をクリアしていかなきゃならない。

この数年、9月頃は憂鬱だった。昇格断念や選手の動揺は本当にツラかった。
今年は・・良い秋になりそうだ。  

Posted by 藤原 裕久(KLM)  at 00:43Comments(0)V・V長崎