スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局  at 

2009年08月18日

盆休みの1日

盆休みは基本、毎年「家族サービスデー」でずっと家を留守にしている。



家族サービスも一段落ついたので練習を見に行く。



A1



非常に大事な試合なのでアレコレ書かないが・・



ようやくチームが軌道に乗ってきた気がする。
監督から選手へだけでなく、選手同士も活発にやるとりしている。
「他チームが引き分けてる。このチャンスを生かすかどうかは今度の試合やぞ!」
この言葉が全てだ。



竹と少し話をする。
町田戦で負傷した時は一瞬「引退かもな」っと思ったそうだ。ゾっとする!
こないだのブログ読みましたよ。ありがとうございました。
っと言われたので「あれは皆が思っている事だよ」っと。



翌日も練習を見に行く。
前日の練習でも感じたんだけど・・選手同士の対話が多い。これは今のチームの特徴の一つだと思う。前日も岩本さんが動きの基本を説明したあと、チームを2つに分けて個別に選手達だけでミーティングさせてから練習をしていた。
この日も練習の途中で選手同士が意見をぶつけあうとスタッフは何も言わず練習を止めて話が終わるのを待っていた。選手同士が年齢もプロもアマもポジションも関係なく意見を言い合う。



このチームの練習は05年からずっと見てきた。多分・・練習を見た回数だけで200は軽く超えていると思う。声が出なかったチーム、遠慮していた選手・・全部見てきた。



プロに相応しいチームになってきたな。



そう思えた。



それは俺にとってJリーグ昇格と同じ位に嬉しい事だったりする。



昨日の練習には総司さん、一郎さん、給ちゃんだけでなく本来は事務局が夏季休業で休日のはずの溝口君まで顔を出していた。V・V長崎の事務局は休みが殆どない。ほぼ年中無休だ。その数少ない休みに普通に練習に顔を出す。それが誇らしかった。

帰りに気づいたらNIBの今村さんもいた。普段と違う格好だったのでプライベートだろう。
挨拶したら焦っていた^^。

ビジネスでない結びつきがある・・そんなクラブこそプロフェッショナルクラブに相応しい。

帰りは波止場で釣りをした。



練習見て、釣りして帰る。良い夏の1日だ。

  

Posted by 藤原 裕久(KLM)  at 19:21Comments(2)V・V長崎