スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局  at 

2009年08月11日

8月9日の町田との試合

例によって試合内容は期間限定をどうぞ。



物凄く久しぶりに晴れたホームゲームだった。

Hareta

これまでのホームゲームは雨が基本でヒドイ時は台風並み豪雨。観客動員3000という数字がアレコレ言われるが、あの天候で3000という数字に振り回されるのは”3000”を「人」ではなく「数字」としてしか見ていない事だと思う。Jが駄目出しをするのなら逆に「数字に追われすぎで中身を見てないのでは?」と詰問する位の気概が欲しいね。



・・っという分で今回のホームゲームの公式発表入場者数が1,730名と言うのは、強烈な炎天下、原爆の日の為に多くの学校で登校日や記念行事等があった事を考えると健闘と言えると思う。



正直に言うが・・当初の観客発表は余り信用のおけるものではなかった。しかし、長崎の現在の観客数発表はキッチリカウントしたものだ。ただし、カウントの仕方がまだ不慣れな点もあるのである程度のミスはあるだろうが、それは人為的な物ではない。これはチーム方針として「誠実」を第一にする事を打ち出している事に沿ったものだ。



この日は普段のボランティアの主力である学生が多く登校日等で不在の為に他のボランティアも忙しそうだった。



Turu



原爆の日という事で鶴を折る。

Baiten



売店も増えたが、店の設置の仕方やレイアウトがまだ「運営の為」で「観客の為」ではない。この辺は改善していきたい。



試合開始。



今回もバスドラを叩く。アウェイの行くメンバーを考えると俺がやるのが一番融通が利くと思うから。ただし・・バスドラ叩くのは慣れているが、暑すぎて遠くの世界へ何度か呼ばれた気がした。



まぁ、試合は・・「収穫と悔しさ半々」っという感じ。
伝の台頭や武男の調子、近藤の凄さ等、手応えがったのは収穫だったが、竹村が負傷退場して攻撃の手札が1枚切れなくなった為に最後の一押しが出来なかったのは残念だ。



褒めるつもりなぞないが、町田は後期無敗に相応しいチームだった。
「割り切り」と「プランの徹底」がなされていた。
相手の調子や状態、天候に合わせて無理をしない時はどれだけ挑発されてもDFラインでボールを回す。逆にチャンスになれば一気に仕掛ける。相手の動きが落ちてきたらシュートを打って揺さぶる・・。非常にゲームの流れを大事にしているチームだった。無理をせず現有メンバーで出来るサッカーをやっていたと思う。タフさみたいなものは石垣の時から1ランク上がっていた。



ただし、荒いのは良し悪しだ。町田の警告は60を超え、長崎の倍以上。
この試合では長崎の方が多く警告を貰ったが、それは主審がスピードに対応出来なかった部分が大きく、竹村への肘打ちや伝へのアッパー型ドロップキック一発レッド物だった。



別に反則をした選手をどうこうという気はない。それも含めてサッカーだ。ムカツキ、怒りはあるが・・恨んではいない。ただ、今回、その反則を食らった長崎の選手達が同じ愚行を犯さないように選手も俺らも他山の石としたい。



主審のジャッジの問題は明日、対策含めて取り上げたい。



試合後、V・ファーレン・県内サッカー関係者との定例会に出席。
これから色んなプランを打ち出せると思うし、また色んな事を吸収していきたい。
早速、次回に向けて資料やらデータやらアイデアをドンっと出す予定。



更にその後、代表やらササキさんやら雄二さん、聖子さん、田中さんと倉庫に荷物をなおしに行ったついでにガストに食事。皆で「6円で知床に行く方法」を考えたりする。勘定は目分量で割り勘だ。



次回の秋田のTDK戦は先週の土曜の千葉での試合の時に会社から休日を貰ったので・・もう仕事を休めない。従って行かんです。



ついでに言うと木曜からは家族サービスで2泊3日で温泉に行くので留守。



Sawage

  

Posted by 藤原 裕久(KLM)  at 21:18Comments(0)応援とか